ゴルフコースでは距離感が大事

みんなに愛されるゴルフ ゴルフの打ちっぱなしで練習をしている方は、コースにでてプレイをされる方も多いですね。ショートコースですと、アイアンでワンオンするところが多いですが、ミドルやロングなど、ワンオンは難しいところでは、ファーストショットで、ボールの落とし場所を二打目が打ちやすいところに落とすことが大事なのです。ドックレッグのコースですと、グリーンが見えないのでどこに打ったらこのくらいの距離に落とせるということをコースの図を見ながら、決められることが大事なのです。飛ばす方ですと、林越えも出来ることもありますが、ひとつ間違えると、OBになってしまうので、ショットの調子がいい時に狙うといいですね。

イベントなどで、ショートコースで、ニアピン賞などある場合には、方向と距離が合わせやすいアイアンを使うことが大事です。ぴったり寄せたい方は、高いボールを打つと止まりやすいです。バックスピンの技が出来る方は、旗を超えたところに落として、そこからバックスピンをかけることが大事なのです。この技は、ショートアイアンの時にかかりやすいのです。バックスピンをかけすぎると、せっかくグリーンに乗っても外へ出てしまうので、注意が必要ですね。

Copyright (C)2022みんなに愛されるゴルフ.All rights reserved.